BRUN LANGUAGE SCHOOL

La Bande Dessinée à la Française : Enki Bilal  フランス漫画


Enki Bilal est un dessinateur et scénariste de bandes dessinées français née à Belgrade en 1951. Enki Bilal est donc né en Yougoslavie et son enfance puis son exil en France ont beaucoup influencé l'univers étrange et envoûtant qui existe dans ses albums. Il est connu notamment pour la série Nikopol et pour son style de dessin sombre, surréaliste et futuriste. Certaines des ses œuvres ont été adaptées au cinéma, notamment avec le film Immortel sorti en 2004 qui est tout aussi étrange que la bande dessinée. Vous pouvez découvrir et acheter les bandes dessinées de Enki Bilal à la bibliothèque de BLS.


エンキ・ビラル:ボスニア人の父親とチェコ人の母親のもと、セルビア(旧ユーゴスラビア)のベオグラードで生まれ、9歳の時に家族でフランスに移住。

1971年に、当時の有名コミック雑誌「ピロット」(Pilote)のコンテストに応募し、受賞。 翌年に処女作『呪われたバル』(Le Bal Maudit)を発表し、バンド・デシネ作家としてのデビューを果たした。その後、原作者のピエール・クリスタンと共にいくつかのSF作品を発表する。 1979年に発表した『黒の旅団』で、彼はバンド・デシネ作家としての地位を確固たるものにするが、この頃から彼は、本格的に政治をテーマに扱った作品を 世に送り出すようになった。そして1980年から12年にわたって発表したSF作品『ニコポル三部作』が世界的な人気を博し、第3巻『冷たい赤道』がフラ ンスの批評雑誌『リール』(Lire)の1993年度最優秀書籍に選ばれ、多くの読者から高い評価を受けた。以後、映画にも活動の幅を広げ、1989年に は最初の映画作品『バンカー・パレス・ホテル』を発表。映像作家としてもその手腕をいかんなく発揮している。近年の作品としては、ルーブル美術館と漫画出版社・フュチュロポリスの共同出版プロジェクトの一環として発表された『ルーヴルの亡霊たち』がある。

エンキ・ビラルの作風はスタイリッシュかつジャンキーな未来都市の絵で知られています。



B.D(バンド・デシネ)バンド・デシネbande dessinée)は、ベルギー・フランスを中心とした地域の漫画のことです。略称はB.D.(ベデ)であり、また、バンデシネとも呼ばれます。「bande dessinée」の名前は、「描かれた帯」という意味のフランス語に基づき、意訳すれば「続き漫画」であり、英語では「comic strips」に相当する語です。
『タンタンの冒険旅行』Les Aventures de Tintin (エルジェ、1929年~1976年)が特に知られています。


BLSではエンキ・ビラルのB.Dを現在、販売中です (定価:2600円)

日本の漫画とはまた少し違ったB.Dのスタイルとエンキ・ビラルの世界観を覗いてみませんか?