BRUN LANGUAGE SCHOOL

DELF/DALF -フランス国民教育省認定フランス語資格-


Bonjour ! 夏真っ盛りで勉強への気力もなかなか湧かない季節ですが、DELF/DALF2016年度秋季試験の申し込みが既に始まっています!一度受けた事がある方はご存知とは思いますが、そもそもDELF/DALFとはどのようなものかご存知でしょうか?



公式ウェブサイトから抜粋すると、「DELF/DALF とは、フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)で、一度取得すれば無期限有効です。自分のフランス語の能力や知識を証明書として形にすることができます。」


DELFのディプロムは日本国内だけでなく世界で通用するということも大きな魅力の一つです。例えばDALF C1C2を取得すると、フランス国内の大学入試の際に語学試験を免除されます。現地の語学学校で短期留学をする際にも、申込書にDELFのレベルを記入すればスムーズに伝わります。


試験問題はレベルに関わらず、聴解、読解、文書作成、口頭表現の4つの語学能力が試されます。それぞれに基準点が設けられているため、合計点の合格ラインをクリアしたとしてもどれか一つでも基準点を超えていなければ不合格となります。バランスよく能力を持っている事が大切ということですね。


試験問題のテーマは、日常会話の聞き取り、公的書類の読解、レポート作成などどれも日常的に使われるシチュエーションや内容が多く盛り込まれており、テスト対策=実践的な練習となるのも大きなポイントです。



DELF(デルフ・フランス語学力資格試験)/DALF(ダルフ・フランス語上級学力資格試験)は、CIEP(国際教育研究センター)が認可した試験センターでのみ開催されます。関西では大阪と京都のアンスティチュ・フランセで受験できます。



BLSではもちろん対策のサポートをいたします。専用のテキストを使って練習→実践→弱点強化→補強の繰り返しで合格へ向けて一緒に頑張りましょう!



なお、秋季試験の申し込みは9/10(土)までです。学校にパンフレットも置いていますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。