Pater familias ローマ人の父

写真 父、子供、母と奴隷たち ラテン語教科書「Familia romana」から

Ave Quiriti ! 皆さんこんにちは!

前回はローマのお祭りを紹介して「ラーレス」について話しました。 さて、「ラーレス」というのは何だったのでしょうか。答えはこちらです。

もうすぐ父の日なので、今回はローマの父とその家族について述べたいと思います。

ローマ人にとって、家族はとても大切なものでした。その中心、Pater familias(パテル・ファミリアス)という、家族の長がいました。

Familia(ファミィア)という言葉は家族より広い意味がありました。親、妻、子供だけではなく、Clientes(クリエンテス)という生活保護者も奴隷も養子も含まれていました。

法律と伝統により彼はそのファミリアを所有していました。Patria potestas(パトリア・ポテスタス)という父の強力な権利を持って、時には家族でさえも殺しても大丈夫でした。

祖先に対して、神父の役割もありました。

写真 Lattes (ラテス)というフランスの町で発見されたお墓の石像

では、素敵な父の日を!

Zélia

admin

Front end web developer and professional nerd.

You may also like...