De re coquinaria ローマの料理

Ave Quiriti ! 皆さんこんにちは!

前回は、2月のローマの行事を紹介しました。

その不思議な行司の名前は覚えていますか。

答えはこちらです!

ところで、毎日ローマ人は何を食べていたのでしょうか。

情報源は、マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス やマルクス・テレンティウス・ウァロ 、前に話したガイウス・プリニウス・セクンドゥスなどの文書です。そして、アピシウスが調理法とレシピを「De re coquinaria」という作品で集めました。

現在のイタリア料理とローマ時代の料理はかなり違います。まず、トマトがなかったのでパスタとピザが全くありませんでした。

主食はライ麦と小麦で作られたシチューのようなスープやパンでした。豆料理も多かったみたいです。塩よりガルムという魚醤が主な調味料でした。オリーブオイル、蜂蜜、酢、ハーブやスパイシーもよく使われていたそうです。

ではローマ料理作ってみませんか?^^

アピシウスのレシピです。

Patina de piris 洋ナシの甘辛い焼きプリン

pira elixa et purgata e medio teres cum pipere, cumino, melle, passo, liquamine, oleo modico. Ovis missis, patinam facies, piper super asparges et inferes.

茹でて洗った洋ナシをこしょう、クミン、蜂蜜、甘口ワイン、ガルム(魚醤)、少しのオリーブオイルと合わせる。卵を入れて、オーブンで焼いて、こしょうを振りかける。出来上がり!

洋ナシと・蜂蜜をこしょう・魚醤と混ぜたらちょっと変な味がするかもしれませんが、ローマ人の口に合ったみたいです!

フランス語のウエブサイトだけど、詳しくはこちらをご覧ください。

Salve!また今度!
 

Zelia

admin

Front end web developer and professional nerd.

You may also like...